信託銀行

日本トラスティ・サービス信託銀行
(ニホントラステイサ-ビスシンギンコウ)
統一金融機関コード
(銀行コード/銀行番号)
0324
SWIFTコード
JTSBJPJT
英称Japan Trustee Services Bank, Ltd.
本社
所在地
〒104-6107
東京都中央区晴海一丁目8番11号
晴海アイランドトリトンスクエア オフィスタワーY
設立2000年(平成12年)6月20日
公式
サイト

日本トラスティ・サービス信託銀行の店舗、支店一覧

概要

  • 日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社は、大和銀行(現:りそな銀行)と住友信託銀行(現:三井住友信託銀行)の共同出資により設立された日本の信託銀行。
  • 日本で一番長い名称の銀行。
  • 資産管理特化型信託銀行として、主に年金信託・証券投資信託に係る有価証券等の管理業務や、カストディ、元利金支払事務等、資産管理に係る信託業務および銀行業務を行う。
  • 2017年1月18日、みずほFG系列の資産管理サービス信託銀行(TCSB)と持株会社方式で年内に統合。2020年までに傘下となる両行が合併する方針と報じられた

日本トラスティ・サービス信託銀行株式会社(にほんトラスティサービスしんたくぎんこう、英称:Japan Trustee Services Bank, Ltd.)は、大和銀行(現りそな銀行)と住友信託銀行(現三井住友信託銀行)の共同出資により設立された日本の信託銀行の1つである。現時点において日本で一番長い名称の銀行である。 信託財産残高は、226兆5,125億94百万円(2015年3月末現在)。 事業内容 資産管理特化型信託銀行として、主に年金信託・証券投資信託に係る有価証券等の管理業務や、カストディ、元利金支払事務等、資産管理に係る信託業務および銀行業務を行う。 沿革 2000年(平成12年)6月 - 大和銀行(現・りそな銀行)と住友信託銀行(現・三井住友信託銀行)の共同出資により設立(50:50) 2002年(平成14年)9月 - 中央三井信託銀行(現・三井住友信託銀行)が資本参加(33.33:33.33:33.33) 2007年(平成19年)9月 - 日本郵政公社が外部委託する郵貯・簡保機構の保有する約130兆円の債券管理業務をマイナス9億8000万円で落札 2010年(平成22年)10月 - 同様の資本関係にあった日本トラスティ情報システムと合併。


「日本トラスティ・サービス信託銀行」の店舗、支店一覧

◆ 店舗、支店数:1件
支店名インデックス
/
  支店名 所在地 支店コード
(支店番号)
詳細
 
日本トラスティ・サービス信託銀行
本店
(ホンテン)
東京都中央区 100 詳細
表示