「農協(JA)」の一覧

農業協同組合(JA)とは

日本において農業者(農家および小規模農業法人)によって組織された協同組合。
全国農業協同組合中央会が組織する農協グループ(総合農協)。通称は、農協(のうきょう)。
JAという呼び方は、Japan Agricultural Cooperatives(日本農業協同組合)の頭文字をとった愛称で、1992年から全国の農協で統一したもの。

『農業協同組合』より : 農業協同組合(のうぎょうきょうどうくみあい、通称:農協〈のうきょう〉)は、日本において農業者(農民又は農業を営む法人)によって組織された協同組合である。農業協同組合法に基づく法人であり、事業内容などがこの法律によって制限・規定されている。なお、全国農業協同組合中央会が組織する農協グループ(総合農協)を、愛称としてJA(ジェイエイ、Japan Agricultural Cooperativesの略)と呼ぶ。 沿革 江戸時代の天保期、農政学者・農村指導者の大原幽学が下総国香取郡長部村(現・千葉県旭市長部)一帯で興した先祖株組合が、日本における農業協同組合の始まりとされる。一方、近代的意味における農業協同組合の前身は、明治時代(1900年)に作られた産業組合にさかのぼる。太平洋戦争中、生産物を一元的に集約する目的で「農業会」という統制団体に改組された。 戦後の農地改革の一環として、GHQは欧米型の農業協同組合(行政から独立しており、自主的に組織できる)を作ろうとした。


農協(JA)の都道府県を選択(本店所在地)